archive
category
  • カテゴリーなし

近年はインターネットとパソコンの普及により、様々な分野でIT化が進められています。
例えば、飲食店等の接客店です。
飲食店等を利用する場合、多くの人が予約をしていると思います。
自分が希望をする時間に予約をしておけば、無駄な待ち時間も無くサービスを受ける事が可能です。
この予約の方法は、主に電話連絡で行われていました。
インターネットの使用が一般的になってからは、この予約の方法はインターネットで出来るようになったのです。
その為、お店の営業時間に関係なく24時間いつでも好きなタイミングで予約をする事ができます。
IT化が進んだおかげで、利用者からもお店側からもとても便利なサービスが実現できているのです。

そして、このITの力を利用したサービスは医療関係にも使われています。
医療関係では、「レセコン」と「電子カルテ」が使われているのです。
レセコンとは、レセプトコンピュータを略称した言葉です。
医療機関は、レセプトによって支払期間に診療報酬を請求できます。
レセプトには高度な知識などが必要で、作業量としても負担が大きかったのです。
近年ではレセコンが導入された事により、パソコンの画面に必要事項を入力するだけでよくなりました。
レセコンを使う事により、比較的簡単に作業をする事が出来るようになったのです。

電子カルテとは、コンピュータを使って医師が患者の記録を保存するシステムの事です。
電子カルテを使う事により、保存や管理が簡単にする事ができます。
さらに、電子カルテは病院内の様々な場所でカルテの内容を確認する事が可能です。

このようにIT化が進むに連れて、医療機関でもとても便利なサービスが導入されているのです。

オススメサイトへ

オススメな電子カルテと言えば「Medicom-HRII」